松尾 美紀

(Miki Matsuo)

 
学位 博士(経済学) 九州大学 経済博甲第162号
所属 九州国際大学経済学部
役職 准教授
専門 教育と所得格差, マクロ経済動学
研究テーマ 人的資本形成, 所得格差, 児童労働, 貧困の罠
所属学会 日本経済学会, 日本応用経済学会, 九州経済学会, Econometric Society

研究業績 / Research achievement

【分担執筆 / Cowriting】
Title  
「二部門経済成長モデルにおける均衡経路の不決定性について」 共著(坂上智哉), 『応用経済-成長と政策-』第1章, 勁草書房, pp.1-30, 2012
「教育成果に不確実性が存在する場合の所得格差と教育制度」 共著(坂上智哉), 『応用経済学Ⅱ:環境・SNA・経済成長』第4章, 勁草書房, pp.81-97, 2009

【査読付き論文 / Published Papers】
Title  
Human Capital Kuznets Curve with Subsistence Consumption Level with Yasunobu Tomoda, Economics Letters, Vol.116, pp.392-395, 2012
Characterization of Equilibrium Paths in the Two-Sector Model with Sector Specific Externality with Tomoya Sakagami, Advanced Studies in Pure Mathematics 53, Advances in Discrete Dynamical Systems, pp.151-158, 2009
Equilibrium Cycles in a Two-Sector Economy with Sector Specific Externalities with Kazuo Nishimura, Tomoya Sakagami, and Alain Venditti, CUBO A Mathematical Journal, Vol.10, No.03, pp.93-102, 2008
Characterization of Equilibrium Paths in the Two-Sector Economy with CES Production Function and Sector Specific Externality with Kazuo Nishimura, Tomoya Sakagami, and Alain Venditti, International Trade and Economic Dynamics: Essays in Memory of Koji Shimomura, Springer, pp.421-431, 2008
教育成果の不確実性と所得格差 (共著)坂上智哉, 『現代経済学研究』, 西日本理論経済学会編, 勁草書房, 第12号, pp.1-31, 2005
少人数教育政策の教育のインセンティブに及ぼす効果について (共著)坂上智哉, 『九州経済学会年報』, 九州経済学会, 第42集, pp.123-127, 2004

【紀要, その他 / Others】
Title  
教育制度と人的資本蓄積 『九州国際大学経営経済論集』, 九州国際大学経営経済学会編, 第18巻 第2号, pp.17-30, 2012

【学位論文】
Title
博士論文題目『教育と経済発展に関するマクロ動学分析』(九州大学)2012年3月
修士論文題目『世代重複モデルにおける内生的人口成長』(九州大学)2000年3月

学会報告活動 / Presentation etc.

Category Title Place Date
ディスカッサント "Advantage on Job Selection, Human Capital Accumulation and Persistent Income Inequality ( Yasunobu Tomoda and Kouichiro Sano )", 10th Biennial Pacific Rim Conference, Western Economic Association International 慶應義塾大学 2013年3月16日
発表 「教育支出と人的資本Kuznets曲線」, 日本応用経済学会2011年度秋季大会 慶應義塾大学 2011年11月27日
学会コメント "Pension and Child Care Policies in an Endogenous Fertility(Masaya Yasuoka and Naohisa Goto)", 日本応用経済学会2008年度秋季大会 金沢大学 2008年11月23日
発表 "Characterization of Equilibrium Paths in the Two-Sector Economy with CES Production Function and Sector Specific Externality", 日本応用経済学会2008年度春季大会 熊本学園大学 2008年6月8日
発表 "Characterization of Equilibrium Paths in the Two-Sector Model with Sector Specific Externality", 京都大学慶應義塾大学合同ミニコンファレンス 京都大学経済研究所 2007年12月7日
発表 "Characterization of Equilibrium Paths in the Two-Sector Model with Sector Specific Externality", 第2回若手経済学者のためのマクロ経済学コンファレンス 千里阪急ホテル 2007年3月4日
発表 "Characterization of Equilibrium Paths in the Two-Sector Model with Sector Specific Externality", 11th International Conference on Difference Equations and Applications Kyoto University 2006年7月27
発表 "Uncertainty of Educational Outcome, Demographic Transition, and Income Distribution", 京都大学経済研究所・熊本学園大学 理論経済学共同研究会 熊本学園大学 2005年12月1日
発表 「教育成果の不確実性と出生率の動学分析」, 日本経済学会2004年度春季大会 明治学院大学 2004年6月13日
発表 "Uncertainty of Educational Outcome and Income Distribution", 西日本理論経済学会第126回例会 福岡大学 2004年5月22日
発表 「教育成果の不確実性と出生率の動学分析」, 「マクロ経済政策の新たな分析枠組み構築」に関するコンファレンス会 熊本学園大学 2004年3月12日
発表 「教育と経済成長 ―少人数教育は所得格差にどのような影響を与えるのか」, 九州経済学会第53回大会 大分大学 2003年12月6日

社会活動

学会組織運営
  • 日本経済学会大会託児サービス運営委員, 2009年4月-2012年9月
  • ICDEA2006の事務局, 2006年2月-2006年7月

競争的資金獲得状況

年度 名称
2013〜2014年度 科学研究費補助金:若手 (B)「人的資本の形成と経済発展に関する理論研究」(研究代表者)
2012〜2014年度 科学研究費補助金:基盤研究 (C)「人的資本クズネッツカーブに関する理論・実証研究」(研究分担者)

教育活動

講義・演習 年度 大学院・学部
経済学 2009年度-現在 九州国際大学経済学部
経済政策論入門学 2009年度-現在 九州国際大学経済学部
経済政策論 2009年度-現在 九州国際大学経済学部
入門演習Ⅰ, Ⅱ 2009年度-現在 九州国際大学経済学部
経済演習Ⅰ 2010年度-2011年度 九州国際大学経済学部
マクロ経済学入門 2011年度-現在 九州国際大学経済学部
経済演習Ⅱ 2011年度-現在 九州国際大学経済学部
卒業研究 2012年度 九州国際大学経済学部
数学 2012年度 北九州市立大学経済学部